男性用白髪染め特集

男性の白髪染めに対する考えは変わってきている!?

女性に比べると男性の白髪はまだ格好よく見せられることもあるので白髪混じりのヘアスタイルを楽しむということができますが、ある程度の量がないと決まりません。 中途半端な白髪は貧乏くさく、老けた印象を与えるだけですから染めたほうがいい場合も多いと思います。

昔にくらべて男性も美容や見た目というものを意識する人が増えたということで男性用の白髪染めのラインナップも充実してきています。とはいえドラッグストアにいったところで どれを選べばいいかわからないですし、ネットで検索してもいまいち知りたい情報が掲載されてないサイトばかりで役に立ちません。

そこで当サイトの出番です。

当サイトでは男性用の白髪染めの選び方からおすすめの商品をいくつかピックアップして紹介したいと思います。サイトをくまなく見てもなんだかよくわからないやという人は とりあえず騙されたと思ってランキングで紹介している1位の商品を購入して使ってみてください。

だいたい1度でも何かしらの白髪染めを使うとそれを基準にして良し悪しがわかるようになるので参考にはなるはずです。

白髪染めには男性用、女性用があるけれど意味があるの?

白髪染めは男性用、女性用と分かれていますが、この違いは特にありません。白髪が染まるメカニズムも髪の毛の構造も男女差があるわけではないので男性が女性用の白髪染めを使っても問題ありませんし、逆もしかりです。

ではなんで、男女別に分かれているかというと仕上がりの髪色のカラーバリエーションにあります。 女性は白髪染めでもおしゃれは妥協したくないということ細かいカラーバリエーションにこだわる傾向があるんですが、男性は白髪が目立たなくなればいいという人が多いので黒、ダークグレー、ブラウンといったカラーがほとんどでそれ以外の色はあまり見かけません。

他には「香り」の問題もあります。白髪染めというと独特の刺激臭がするものですが、最近はフローラルの香りがしたり、甘い香りがするものもでてきています。女性にとっては香りも重要なのでこのあたり気にするわけですけど、男性は無香料であればいいかな?という感じですよね。

こうした性差による好みを反映した形で男性用と女性用の白髪染めは存在しているというわけです。繰り返しますが染色力や色持ちなど白髪染めの基本性能は男性用・女性用に差はありません。

男性の場合、白髪染めをするにも覚悟が必要

白髪は見た目の印象を老けてみせるものですからそれを染めると若く見えるのは当然のことです。見た目の若さにこだわりたいなら白髪は染めるべきでしょう。 しかし、一度染めたら染め続けなないといけないというデメリットがあります。

白髪染めは本当に面倒ですし、お金もかかります。女性が白髪に苦しめられているのはまさにこの部分なんですよね。 面倒だし、お金もかかるしで白髪を染めることを止めたいけれど、やめてしまうと女であることを捨てたという同じ女性からの冷たい視線にさらされてしまうのが恐怖なんです。

男性の場合はさすがにそんなことはないですが、白髪染めをはじめたら最後、染め続けないといけないという覚悟がないと途中で辛くなってくるのは事実です。 気が向いたときに染める、染めないということをやってしまうと髪がぐちゃぐちゃになって汚らしい印象を与えるのでそれなら最初から染めないほうがよかったということになります。

白髪染めを使う場合は、そうした続ける覚悟だったり、いつまで続けるか?ということも考えておいたほうがいいと思います。

男性の白髪対策に「白髪ぼかし」がいいらしい!

花王が調べた40・50代男性に聞いた白髪に関するアンケートによると「印象が大きく変わることはしたくない」「白髪があっても目立たなければいい」という声が大半で、白髪を一本たりとも残さず染めたいという人は少数なんですね。

特に注目すべきは「白髪があっても目立たなければいい」という意見の人が大半だというところでそれだったら白髪染めより白髪ぼかしのほうがいいんじゃないの?ということなんです。

白髪ぼかしは黒や茶色に染めてしまうのではなく、淡いグレーにぼかすことで白髪と黒髪と自然になじませて白髪を目立たなくするというもの。さりげない印象になりますし、髪にやさしいし、時間もかからないしで今人気なんです。

※参照:白髪染め Q&A

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2012 男性用白髪染め特集/白髪を染めようか悩んでいる方必見. All Rights Reserved.